スポンサーリンク

女子御三家の2020年入試の出願状況

分析

東京都の私立中学校の出願状況の速報が、市進の中学受験情報ナビに掲載されています。

中学入試速報 2021|出願・倍率・補欠繰上|市進中学受験情報ナビ
首都圏200校以上の私立中・国立中・公立一貫&#266...

今回は女子御三家の最新出願状況を見てみます。

スポンサーリンク

桜蔭

前年出願期間:1/10~1/16
今年出願期間:1/10~1/16
前年同日比:105%(1/16時点)

桜蔭は本日1月16日が出願の最終日ですが、上記数字が最終的な集計値なのかは現時点では分かりません。

少なくとも前年の最終的な出願者数より5%増加しているということですが、首都圏の中学受験者数が3%程度増加していることを考慮すると、想定通りではないでしょうか。

桜蔭は例年、倍率は2倍を切りますが、最上位層によるハイレベルな争いになると思われます。

女子学院

前年出願期間:1/16~1/19
今年出願期間:1/15~1/18
前年同日比:107%(1/16時点)

女子学院の今年の出願期間は、前年より1日前倒しになっており、前年同月比が高めに出るため、107%をそのまま鵜呑みにはできません。

1月16日時点の出願者数が761人で、前年の最終的な出願者数794人の96%に達していること、残り2日間あることを考慮すると、前年とほぼ同じと予測します。

現在のサピックス偏差値では、桜蔭62に対して女子学院61と僅差になっていますが、以前の記事のとおり、大学合格実績にはかなりの差があるため、それが出願者数に反映されているという見方もできます。

雙葉

前年出願期間:1/16~1/21
今年出願期間:1/15~1/20
前年同日比:120%(1/16時点)

雙葉の今年の出願期間も、女子学院と同様に前年より1日前倒しになっているため、前年同月比は割り引いて考える必要があります。

1月16日時点の出願者数が399人で、既に前年の最終的な出願者数375人を超えて106%に達していること、残り4日間あることを考慮すると、 最終的には前年比で110%~115%になると予測します。

これは、予想より多いという印象ですが、理由は良く分かりません。

中学受験ブログランキングへのリンクです
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ