最新サピックス偏差値表で変動した学校(第1回合格力判定SO)

サピックス

サピックスのマイページに9月下旬に実施された第1回合格力判定サピックスオープンの結果を受けた80%判定偏差値表が公開されました。

どの学校の偏差値が変動したのか把握するために、中堅~難関校について、6月に公開された第2回志望校判定サピックスオープン時の偏差値一覧と比較してみました。

結論として、目立った変動はありませんでしたが、変動した学校は偏差値が上昇する方向に変動する方が多く、今年度の入試も厳しい競争になりそうです。

スポンサーリンク

偏差値が変動した学校

男子

■2月2日

巣鴨Ⅱ期:50 ⇒ 51
明大中野1回:47 ⇒ 48

■2月4日

巣鴨Ⅲ期:53 ⇒ 54
明大中野2回:48 ⇒ 49

女子

■2月1日

鷗友学園1回:50 ⇒ 51

■2月2日

白百合:55 ⇒ 54

■2月4日

浦和明の星:54 ⇒ 55

このタイミングでの偏差値上昇は、志望校調査の結果、志望者が予想より多くなっているか、志望者のレベルが高くなっているということだと思われます。

白百合の偏差値の低下は、進学実績の停滞や人気の低下が理由として考えられます。

↓中学受験ブログランキングへのリンクです。応援クリックいただくと励みになります。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ