コロナ禍における文化祭に学校の姿勢が見て取れる

学校情報

先日の新聞で、教育ジャーナリストのおおたとしまささんのコラム「生徒中心の意思決定がなされているか コロナ禍中だからわかること」を読みましたが、「確かにそうだな」と納得する内容だったのでご紹介します。

特に、

文化祭も体育祭も、生徒たちのためにあるもので、受験生親子のためにやっているものではありません。

おおたとしまさ「塾が教えない 中学受験必笑法」から引用

という部分と、

「この状況では受験生親子の集客が見込めないので中止にする」というように、大人の都合でトップダウンの決定をしてしまう学校が仮にあったとして、そのような学校にわが子を預けたいとは思いませんよね。

おおたとしまさ「塾が教えない 中学受験必笑法」から引用

については、その通りだと思いました。

そう考えたときに、各校では今年の文化祭をどのようにするのか気になったので、ちょっと調べてみました。

中止とした学校も、受験生親子の集客が見込めないからという理由で中止にしたとは限りませんが、学校の姿勢を知るひとつの材料にはなると考えます。

個人的には、生徒中心の意思決定が尊重されている学校は、なんらかの形で文化祭を実施している印象です。

スポンサーリンク

各校の今年の文化祭の開催状況

各校の今年の文化祭

開成:日程を2021年1月9日(土)1月10日(日)に延期

麻布:10月31日、11月1日に在校生とその保護者のみで開催、オンライン発表も検討中

武蔵:中止(体育祭も中止)

慶応普通部:労作展は一般公開中止

早稲田中:在校生のみで実施

海城:在校生のみで実施済み、オンライン文化祭あり

駒場東邦:11月7日(土)、8日(日)に延期して開催

渋渋:不明(学校HPに情報がない)

渋幕:11月14日(土)に在校生のみで実施、オンライン発表を11月末から予定

聖光学院:在校生とその保護者のみで開催

栄光学園:中止

広尾学園:在校生のプレゼンテーションを保護者が見る以外はオンラインでの限定公開

浅野:在校生とその親族のみで開催

芝:11月1日に在校生のみで開催

巣鴨:中止

桜蔭:非公開

豊島岡:非公開

女子学院:一般公開なし

雙葉:校内発表を基本とし非公開

洗足学園:中止

フェリス:非公開

吉祥女子:普通に実施

↓中学受験ブログランキングへのリンクです。応援クリックいただくと励みになります。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ