2020年中学受験の志望者数

分析

9月の大手公開模試の受験者数は、昨年比4%程度増加しているとのこと。
今年受験した兄のときも、前年比でそれくらい増加していましたが、2020年は更に倍率が上がりそうですね。

昨年のサピックスオープンの保護者対象説明会で志望者数動向の説明があった際には、「志望者は増えているが、合格レベル層に大きな変動はないため、難易度に大きな影響はない」といった説明もありましたが、志望者数は増えて難易度が全く変わらない訳はないので、やはり不安になりますよね。
サピックスの立場で考えると、皆が不安になって志望校のレベルを下げられると困るので、本当は多少難易度が上がると思っていても、こんな言い方をしているのではないかと思っていました。

さて、2020年入試の志望者数に話を戻すと、残念ながら今年のサピックスオープンの合判ガイドは入手していないので、「市進の中学受験情報ナビ」の大手公開模試の志望数を紹介します。

中学受験|市進の受験情報ナビ|そうだったのか!中学入試|148話
最新の中学入試情勢がよくわかると評判のコ...

市進の中学受験情報ナビ「2020年入試予想第一弾 ~9月模試から見る志望動向分析~」より

・開成 1447→1433(99%)
 ⇒最上位レベルだと変動が少ないんでしょうかね。

・麻布 1082→1131(105%)
 ⇒今年の入試では出願者数が約10%増え、サピ偏差値も62にアップしましたが、来年の入試でも更に増えそう。

・武蔵 644→672(104%)
 ⇒敷地が広いし、新校舎もいいみたいですね。

・駒東 619→653(105%)
 ⇒近年は年々出願者数が減り続けていましたが、今年の大学合格実績からお得感が出たのでは。

・海城 1回 543→614(113%)
    2回 1065→1109(104%)
 ⇒やはり、大学合格実績から人気上昇か。

・本郷 1回 486→463(95%)  
    2回 1141→1155(101%)
 ⇒学校説明会行きましたが、明るくて文武両道のイメージですね。
     
・巣鴨 Ⅰ期 183→322(175%) 
    Ⅱ期 323→472(146%)
 ⇒驚くほど増えてますね。算数入試導入もあるけど、今年の大学合格実績の影響が大きいのかも。

・世田谷学園 1次 155→232(150%)
       2次 349→433(124%) 
 ⇒ここも大幅増。これも今年の大学合格実績の影響が大きいか。

・桜蔭 709→734(102%)
 ⇒昨年も前年並みと言っていたし、安定してますね。開成もそうですが、最上位レベルだと変動が少ないんでしょうかね。

・女子学院 1009→1034(102%)
 ⇒近年、人気で志望者数増。

・雙葉 457→477(104%)
 ⇒今年の入試で出願者数が増加したはず。

・豊島岡 1回 1216→1223(101%)
     2回 515→508(99%)
 ⇒高校募集を止めるとのことなので、中学受験の難易度は今後下がるのでしょうか。

全体の受験者数が増えているので、増加してる学校が多いですが、過度に反応しない方がいいと思います。
兄の時は、サピックスオープンの合判ガイドで、志望校のレベル別志望者数(グラフに色がついているやつ)を前年と比較して、上位層が増えているのかを確認していました。
これが大幅に増えているようだと、全体の志望者数が変わらなくても、難易度は少し上がると考えるべきです。
サピでは、受験直前で偏差値を変えたりはしない(できない?)ので、この辺りの難易度の判断は自分でやるしかありません。

本当は、今年の合判ガイド入手して分析してみたいところですが・・

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村