スポンサーリンク

中学受験家庭をイラっとさせる記事

中学受験全般

以下の記事、ちょっとイラっとしてしまいました。(あくまで個人の感想です)

【男の子の育て方 対談】過熱する中学受験のママの意識 vs. ジェンダーレスを地で行く高校教諭の授業 編|STORY(magacol) - Yahoo!ニュース
男の子は自分と性別が違うからわからない……と感じているSTORYママに向けて、「男の子の教育で気をつけるべきことは何か」について、ともに2人の男児を育てている専門家が語り合います。

それぞれに意見はあるので、それを否定することはないのですが、この記事は結局何を言いたいのか分りませんでした。

主なポイント

  • 名門の男子中学校に行かせるようなママは、“社会全体のジェンダー平等より、うちの息子の人生のほうが大事!”と思っている(人もいる)
  • 「良き学校、良き会社、良き家庭、良き人生」という時代は終わっている
  • わざわざ遠くの難関校に行く意味はない
  • 大学を卒業した後の経歴のほうが長いので、大学までの経歴にこだわる必要はない
  • 将来的には男性でも稼げなくなる時代が来る、という視点を持つべき
  • 男が稼ぐ、男だから稼げる、という発想やこだわりは、捨てるべきで、これからは2人で支え合っていく、というのが現実的なモデル

記事で語っている専門家の方は、それなりの地位を得て成功したから、こういうことが言えるのだと思います。

また、自身のお子さんが優秀だと感じていれば、能力があれば後から何とでもなるという発想で、こういう発言になるのかなあと思います。

ただ、多くの中学受験家庭では、二月の勝者にもある通り、「凡人こそ中学受験」という感覚があるのではないでしょうか。

少なくとも私は、

「将来は間違いなく今より厳しい世の中になるので、自分の子どもには、その世の中を生き抜いていけるようにしてあげたい」

という感覚です。

「良き学校、良き会社、良き家庭、良き人生」って、今でも言えることだと思っていますが、違いますか?

「将来的には男性でも稼げなくなる時代が来る」「これからは2人で支え合っていく」から、そこまで頑張らなくてもいい、近くの学校行っとけと言われても、ちょっと感覚が違うなあと思いました。稼げるようにならないとまずいのでは?

中学受験をするとジェンダーを否定することになるかのような書き方も気になります。

「小学生が毎朝、満員電車に乗って通学するのは大変です。通学に時間をかけて、わざわざ遠い学校の難関校に行かなければならない理由が僕にはわからないです……。」

中学受験の話ですよね?小学生が通う訳じゃないと思いますが・・

恐らく、語っている専門家の方に悪意はなく、編集の仕方でこのような印象の記事になってしまっているのだと思いますが、頑張っている中学受験家庭にとっては、イラっとしてしまいます。

↓中学受験ブログランキングへのリンクです。応援クリックいただくと励みになります。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ