中学受験のメリットのひとつ

中学受験全般

中学受験をして、中高一貫校に行く場合のメリットとして良く語られることとして、 

中学・高校あわせて6年間という時間がある中で、前倒しで学習を進めることで、大学受験対策に十分な時間を割くことができる

ということがあります。 

これはその通りであり、大きなメリットのひとつだと思います。 

それとは別に、長男の中学1年を振り返って、中学受験のもうひとつの大きなメリットだと感じたのが、 

中学1年の段階で学習するレベルが、公立中学と比較して思っていた以上に高い 

ということです。 

これは、中学受験で一定の学力を身に付けているという前提があるからできることであり、大きなアドバンテージになります。

私自身、公立中学に通っていましたが、その時とレベルが全く違いますし、今の参考書の中でも、結構難しい問題の解き方をすぐに学習していると感じます。

その分、ついていくのも大変だと思いますが、スタートラインが違っていて、更に進度も違っていたら、そりゃ中高一貫校の大学進学実績がずば抜けているのも納得です。  

↓中学受験ブログランキングへのリンクです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ