スポンサーリンク

サピックスの校舎別合格実績(速報)

サピックス

毎年、サピックスの校舎別合格実績を集計して下さっているサイト「SAPIXER SAPIX 校舎別合格実績」に、2020年の合格実績が集まってきています。

SAPIXER
SAPIX Hacks

まだ、記入されていない校舎があり、誤記入の可能性もありますが、現時点の情報を考察してみます。

なお、SAPIXERでは、「1日8校率」という、校舎の生徒数に占める開成、麻布、武蔵、駒場東邦、桜蔭、女子学院、雙葉、フェリスの合計合格者数の割合も集計されています。

重複合格のカウントが発生しないため、個人的には、校舎の実績を測るのに適した数値として考えており、今回もこの数値で見ていきます。

スポンサーリンク

2019年の合格実績TOP10

まず、昨年(2019年)の1日8校率のTOP10は以下のとおりです。

順位校舎生徒数1日8校率
1青葉台10133.66%
2若葉台6330.16%
3たまプラーザ15030.00%
4吉祥寺23128.57%
5渋谷17327.17%
6白金高輪17727.12%
7自由が丘30026.67%
8武蔵小杉12026.67%
9宮前平3525.71%
10日吉10925.69%

東急線沿線の校舎が多いですが、もともとサピックスの校舎は東急線沿線に多いので、これといった共通項は見出せません。

2020年の合格実績TOP10(2月29日時点)

現時点における、2020年の1日8校率のTOP10は以下のとおりです。

順位校舎 生徒数 1日8校率
1渋谷17026.47%
2練馬25425.98%
3自由が丘37724.93%
4王子13124.43%
5下高井戸7824.36%
6たまプラーザ16223.46%
7巣鴨20222.77%
8中野15422.73%
9吉祥寺28122.42%
10白金高輪18221.98%

まだ、集計されていない校舎もありますが、全体的に1日8校率は下がっています。

その原因は明確で、サピックス全体の生徒数が2019年の約5500名から、2020年の約6000名と約1割増えているにも関わらず、1日8校の合格者数はほとんど変わっていないためです。

言い換えると、御三家合格レベルの生徒の数は増えていないが、全体の生徒数は1割増えたため、率が下がったということです。

2019年に高い合格実績をあげた校舎の実績が低下したのが気になる

特に気になったのは、2019年にTOP10に入っている校舎で、2020年の実績が低下している校舎が多いことです。

  • 青葉台:33.66% ⇒ 18.48%
  • 若葉台:30.16% ⇒ 18.33%
  • たまプラーザ:30.00% ⇒ 23.46%
  • 吉祥寺:28.57% ⇒ 21.35%
  • 白金高輪:27.12% ⇒ 21.98%
  • 武蔵小杉:26.67% ⇒ 15.57%

校舎単位の生徒数は100~300名程度と、必ずしも十分なサンプル数ではないので、変動があるのは当然ではありますが、予想より低下している印象です。

もっとも、大切なのは子供の実力ですし、学年によって傾向も異なるので、上記の結果を気にする必要はないと思います。

結局のところ、サピックスでの偏差値を気にしていれば十分です。

↓中学受験ブログランキングへのリンクです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ